介護システムへの期待

介護システムは、介護保険サービスを提供する際に必要なケアプランやサービス利用票の作成や、保険請求データを国保連に伝送する際に必要になり、介護保険サービス事業所、居宅介護支援事業所、地域包括支援センターは、必ず導入を行っています。

そしてこれらの事業所は、ケアプランの作成以外にも支援経過記録の作成や他の事業所へ情報連絡を行う際に、手書きで作成したり、
エクセルなどで作成した別の様式を使ったりする場合があります。

また、他の事業所との各書類のやりとりは、ファックスが主流です。

よって、書類の印刷、返信を手書きで行う、書類を仕分けするなどの作業に大きな手間がかかっています。また書類の印刷やファックスを行う複合機も、小規模の事業所でない限りは、大型で高額なものを購入・レンタルしているのが現状です。

もしこれらの作業を全てデータシステムで行うことができれば、大幅な時間短縮やコストの削減に繋がります。現に一部の会社が、書類の代わりにクラウドでデータを管理しながら、契約している介護保険サービス事業所や医療機関の間でデータの送受信を行うことができるシステムを開発し、ごく一部ですが導入した事業所もあり、大きな注目を集めています。これらの動きが業界全体に広がっていくためには、システム会社同士が、連動が可能になる仕組みを共同で開発していく必要があります。

もし開発がされ普及していけば、業界全体に大きな利益を生むことになると考えられます。介護のシステム業界による、先を読んだ大きな一歩が待たれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です