介護保険の請求書ソフトの特徴

介護の保険ソフトという本当に便利なものがあります。
居宅介護支援にも対応しているものです。
訪問介護や入浴、またリハビリだけでなく、訪問看護などにも対応しています。
さらに夜間の訪問介護や定期巡回、そして通所介護やリハビリ、小規模多機能型の居宅介護、認知症対応型の通所介護にも対応しています。
ケアマネージャーの事業所でも使うことができるものです。

この介護保険の請求書ソフトは、アセスメント、ケアプランを作成することもできますし、保険を請求することもできます。
対象のサービスの計画書、また報告書、それから請求書などを作成することもできます。
スケジュール管理、訪問記録もすることができます。
もちろんパソコン台数の制限はありません。
また、新しく始まったサービスにも対応しているものもあります。
バージョンアップができることも多いです。
基本的には無料ですることができます。

その他、他社ソフトから乗り換えることも基本的に可能です。
介護保険の請求書ソフトの月額については定額のことが多いです。
6.000円ほどです。
無料の体験版もあります。
その期間中も基本的に全機能が利用できます。

なおソフトの操作方法が分からないという場合、そのサポーターに電話して聞きましょう。
また、基本操作のレッスンを受けられることもあります。
それぞれの料金は無料です。
そのタイプとしてはASP型などです。
ASP型はネット上で利用するものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です